夜でも気軽に一人で。タイ風定食屋、田原町「ガパオ」

本日ご紹介するのは浅草と蔵前の中間くらい、田原町駅付近にあるタイ料理店「ガパオ」です。

場所は比較的わかりづらく、田原町駅、都営浅草駅、蔵前駅の3つの駅のちょうど真ん中あたりに位置します。田原町駅から向かう場合、駅のある交差点から国際通り沿いに南に約200メートル歩き、「寿三丁目」の交差点を左折。住宅街の中にポツンとあるイメージのお店です。

夜でも気軽に入りやすい

お店の外観や看板はこんな感じ。手作り感あふれる感じは「タイレストラン」というより「タイ風定食屋」といった印象です。ここのいいところは夜でも気軽に一人で入りやすいところ。

普通タイ料理屋さんって、ランチは安い定食を出すので気軽に入れますが、夜は大体居酒屋風でお酒を飲みながら食べる、という形式のところがほとんどです。なので特に一人だと夜はなかなか気軽に入れなかったりします。

ところがこのお店はカウンターも大きく、夜もさほど混んでいないため、一人でも気軽に入れます。入口にも「晩ご飯どうぞ!」と書かれており、「夜でも気軽に入ってほしい」というお店の気遣いが感じられます。

店内にはカウンターだけでなく、テーブルも複数、奥には半個室風の場所もあるので、友だちと飲みに行くようなシチュエーションでも使えると思います。オシャレな感じではないので初デートなどには少し向かないかもしれません。

比較的狭いので、人数が多い時は事前に連絡することをお薦めします。

定食風でも料理は本格的

お店を切り盛りしているシェフはお母さん。定食屋風の店構えですが料理は本格的で、どの料理もはずれがありません。店名になってる「ガパオ」もほどよい辛さで美味しいです。値段も680円とリーズナブルなのも嬉しいですね。

他にも定番のトムヤムクンラーメン、パッキーマオ、タイラーメンにカオマンガイもあります。前に来た時はマッサマンカレーやシーフードガパオを頼みました。

シーフードガパオはお店のオリジナルなのか、ひき肉の代わりに貝などの魚介類を使ったガパオでした。「激辛!」とありましたがそこまで辛くもなく、オススメです。

日本でも最近増えてきたタイ料理屋さんですが、もっと気軽に入れるお店が増えてくれるといいなと思っている自分にはピッタリのお店です。

一人だとタイ料理屋って入りにくい、と思っている方にぜひ気軽に行っていただきたいお店の一つです。

■今回紹介したお店

ガパオ

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13154958/

住所:東京都台東区寿3-15-2

アクセス:銀座線、田原町駅から徒歩約5分

営業時間

11:30~15:30
18:00~23:30[23:00(ラストオーダー)]

定休日 日曜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする