オススメ英会話Youtubeチャンネル紹介「KoreanBilly」

今日紹介するオススメ英会話YouTubeチャンネルは「KoreanBilly」です。

KoreanBilly

英語の種類:イギリス英語?

英語の聞きやすさ:★★★★★

チャンネル登録者数:85,674人(2018年3月24日現在)

どんなチャンネル?

韓国出身のBillyさんによるYoutubeチャンネルです。

2016年の2月ごろから始まったYoutubeチャンネルで約170くらいのビデオがあります。

特に英会話に特化したチャンネルではないのですが、多くのイギリスの方言に関するビデオがあります。

Billyってどんな人?

韓国の出身で本名はSeong-Jae Kongというらしいです。

「Billy」は本名ではなく、Billyさん自身も英語のネイティブスピーカーでもありませんが、とても流暢な英語(イギリス英語)を喋ります。

彼が有名になったのは、2017年の初めころに彼の作ったイギリスの方言を解説するビデオが話題になってから。

英語学習者ならよく知っているかもしれませんが、イギリスは小さい国であるにも関わらず、方言が沢山あることで知られています。

イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドのそれぞれの国ごとに違う方言であるのはもちろん、それぞれの国内でも多くの方言があります。

日本語でいう標準語も一応は存在し、「容認発音(ようにんはつおん、Received Pronunciation, RP(アールピー))」と呼ばれていますが、現代ではこれはほとんどの人が喋っていないと言われています(イギリスの全人口の数パーセントと言われています)。

なので特に地方に行くと、人々が喋っているのはこのReceived Pronunciationではなく、方言になります。イングランドの方言で有名なのは、リバプール(Liverpool)アクセント(SCOUSEとも呼ばれます)。リバプールと言えばビートルズですが、彼らのインタビューも初期の頃はリバプールアクセントで訛っていたのは有名な話です。

Billyさんがこのイギリス方言に関するビデオを始めるきっかけになったのは、イングランドにある町、プレストンに留学したのがきっかけだそうです。

プレストンはイングランドの北西ランカシャー州にある町で、リバプールとマンチェスターにほど近い場所にあります。Billyさんはこの町に来た時に初めてイギリスの方言に接し、その訛り方と、いわゆる「普通の」イギリス英語との違いにショックを受けたそうです。

その経験が元になって、イギリスの数々の方言を紹介するビデオを作ることになります。

イギリスで大人気に

上でも少し書きましたが、彼の作った方言のビデオは2017年の初めころから、イギリスのテレビやラジオなどで取り上げられるようになり、一躍有名になります。

彼自身も言っていますが、アジア人である彼が、イギリスの方言を解説するっていうのが受けたのだと思います。また彼自身の英語力と、方言の再現度の高さも人気が出たことの理由に数えられます。

先日紹介した「English with Lucy」でもインタビューされています↓

どんなビデオがあるの?

動画の種類は当然のことながら、イギリスの方言に関するものが多く、上で紹介したLiverpool以外にもNewcastle(Geordie) 、Yorkshire、Roadman(London) など、幅広い方言に関するビデオがあります。

また、最近ではイギリスだけではなくアメリカの方言にも挑戦しているようで、テキサスアクセントの動画もあります。

Newcastle(Geordie)

Roadman(London)

ちなみに日本語も勉強しているらしく、かなりうまいです。残念ながらこれ以外には日本語のビデオはほとんどないようです。

今回紹介したチャンネル

KoreanBilly

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする